ベビーシッターについて知る

ベビーシッターと一緒

ベビーシッターの仕事について

ベビーシッターは、子育てを経験している母親のスキルを活かすことができるお仕事です。
家事代行サービスの一つに含まれている場合もあります。
具体的な仕事内容ですが、ベビーシッターのイメージとしてよく連想される見守りの他にも、室内・室外知育に送迎、食育や赤ちゃんや母親のケアなどが挙げられます。
実に多岐にわたっていることが分かりますね。
まず見守りと言われるサービスですが、これはベビーシッターが依頼者の自宅に行って、子供と一緒に留守番をするというものです。
宿題をちゃんとやるように促してそばで見守ってあげたり、子供が寂しがらないように遊び相手になって過ごします。
食事の補助や、入浴時の補助なども行ってくれます。
送迎は、子供の学校の送り向かいはもちろん、習い事をしている場合は、塾や習い事教室までの送迎も行います。
保護者の都合で送り迎えが難しい場合など、子供一人で夜に行動させるのが心配な場合にいいですね。
知育と呼ばれる仕事ですが、こちらは一緒に外出して散歩をしたり、ひらがなやカタカナなどの書き方やマナーを指導したりすることなどを指します。
今は早期の英語教育が注目されているので、英語を指導する場合もあります。

ベビーシッターの仕事をしよう

ベビーシッターは、保育士のスキルや子育ての経験を活用して働くことができるので、女性が輝く仕事でもあります。
仕事の仕方ですが、個人シッターとして登録して派遣されて働く場合や、家事代行サービスの中にベビーシッターのサービスも取り扱っている企業があるので、そこのスタッフとして働くなどの方法があります。
個人シッターの場合は、フルタイムが無理な人でもマイペースで働けるベビーシッターの仕事をしようと呼びかける無料の登録会が全国で開催されていますから、興味がある場合は話を聞いてみるといいでしょう。
子供と一緒に、保護者が自宅に帰ってくるまで留守番をして面倒を見たりするイメージ強いベビーシッターですが、今はそれだけができたらいいというわけではありません。
英語の早期教育を希望している親子向けに簡単な低年齢向けの英語のレッスンができたり、乳幼児とお母さんの関係をサポートするためのメンタルケアや、効果的なスキンシップ、コミュニケーションの取り方のアドバイスをすることも仕事ですし、ベビーマッサージのスキルもあった方がいいでしょう。
様々なスキルがあった方が、困っている母親をサポートしやすいですし、仕事の幅も拡大します。

pickup

全国の相続に特化した専門家たちのネットワークです。

天神 相続

故人様とのお別れの時間を出来る限り気遣いなくゆっくりと過ごしていただける会場となっております。

葬儀 岸和田

会社設立のお悩みを一緒に解決します。

名古屋で会社設立を相談

皆様に納得して気持ちよくお参りに来て頂けるよう、現代のニーズに合った新しい永代供養墓を作りました。

永代供養墓をお探しなら

水素の効果を実感できる水素風呂

水素風呂

ベランダやバルコニーに最適な腐食しないウッドデッキ

ウッドデッキの設置

最終更新日:2017/10/16

COPYRIGHT(C) ベビーシッターと一緒 ALL RIGHT RESERVED